シーラーでナイロンフィルムを止めるだけですぐ作れる空気で動くパウチモーター。

Video

作業時間: 20 分

材料

  • ナイロンフィルム Nylon-LDPE film
  • ノズル
  • 注射器(シリンジ)
  • チューブ
  • 注射器のコネクター
  • 両面テープ
  • セロハンテープ
  • 厚紙

道具

  • 熱シーラー (NL-202J)
  • ハサミ
  • キリ
  • 油性ペン

手順

1型紙の印をつける

印刷した型紙の上にナイロンフィルムを乗せて、油性ペンで印をつける。

2フィルムのカット

印をつけたあと、ハサミで適度な大きさに切る。この時、フィルムが離れたりズレないように気をつける。フィルムが裏返ったりするときちんと閉じない場合がある。

3シーラーで外枠から貼り合わせる

シーラーの温度設定は2.5ぐらいにして、適宜調整する。重ねたフィルムをシーラーの閉じる線にきちんと合わせて、2秒ほど押さえる。短いとちゃんと閉じない場合があるので、カチンという音がなるまで2秒ほど待つ。貼り合わせられたのを確認する。印に合わせて外枠から順番に貼り合わせていく。

4厚紙を挟んで貼り合わせる

真ん中の空気が通る道は厚紙をフィルムの下に置いて貼り合わせる。厚紙を敷いたところは閉じなくて、厚紙がないところは閉じるので空気の道ができる。

5型に沿って切る

貼り合わせが終わったら、外側の余分な部分をハサミで切り落とす。

6空気を入れる穴を作る

空気を入れる穴をつける場所に印をつける。印を中心に四つ折りにした先端を”少し”だけハサミで切る。つい大きくなりがちなので、気をつけて小さく穴を開けるのがコツ。

7空気の穴の出来上がり

開いてみると穴の大きさがわかる。出来上がった穴のサイズが1~2mmほどであるのがベスト。

8ノズルに両面テープ

ノズルの底面に両面テープを貼り付ける。余分なところはハサミで切りとる。ノズルの穴に合わせて、キリで両面テーブに空気穴を開ける。キリがない場合は爪楊枝でもできる。

9ノズルをパウチに取付

空気穴を開けた両面テープの保護フィルムを剥がす。ノズルの空気穴とパウチの空気穴の位置を合わせて取り付ける。しっかり固定する。

10裏面をふさぐ

ノズルをつけた反対側にある穴をセロハンテープでふさぐ。これで空気のパウチは出来上がり!もっとしっかり止めたい場合は、ノズルをつけた側もセロハンテープを上にかぶせる感じでしっかりふさぐ。

11動かす

パウチにつけたノズルをチューブーにつなげる。チューブと繋がっているシリンジーで空気を入れるとパウチが膨らみ、長さが縮むのでペットボトルまで持ち上げることができる。他の形も試してみよう!

 

Download

Related Recipes

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

five × three =