オリジナルのマッキベン型(McKibben type)空気圧筋は、筋肉と同じように縮みますが、同じ材料を使って「伸びる」タイプのマッキベン人工筋肉を作ることができます。ちがいは、編組チューブを縮めた状態でセットすることです。

Video

 

作業時間: 60 分

材料

  • 伸縮する編組チューブ(径変化6mm〜13mm)
    デンカエレクトトロン NFL-6(モノタロウ)(ミスミ
  • 天然ゴムチューブ(外径8mm、内径6mm)
  • 空気圧継手
  • ケーブルタイ(幅2.5mm)

道具

  • 金属ロッド(直径6mm、長さ約150mm)
  • エアーチューブ(外径3.2mm、内径2.0mm)
    SMC、ポリウレタンチューブ TIUB01
  • ハサミ
  • 定規
  • 注射器
  • ケーブルタイガン (オプション)

 

手順

1スリーブの用意

編組チューブを使いたい長さの3倍の長さに切る。例えば今回は240mm(=80mm×3)くらい。金属ロッドに切ったスリーブを通し、端をケーブルタイで固定する。ロッドに沿って編組チューブを押し込んで、それ以上太くならず縮まない状態のまま、ケーブルタイで端を固定する。

2スリーブの熱処理

金属ロッドに固定した編組スリーブを、120℃のオーブンに20分入れる。縮んだ状態をキープして戻らないようにするため。

3ケーブルスリーブとゴムチューブの用意

金属ロッドに固定したまま、編組チューブが目いっぱい縮んだ状態で、長さを測ってテープで印をつける。例えば今回は80mm。印をつけたら編組チューブを金属ロッドからはずし、印をつけた長さにはさみで切る。

ゴムチューブも同じ長さで切っておく。例えば今回は80mm。

4コネクタ挿入

継手をゴムチューブの端に差しこむ。

5結束

編組チューブの中に継手付きのゴムチューブを入れる。継手をつけた側で、編組チューブとゴムチューブの端を合わせ、結束バンドでしっかりと締め上げる。結束バンドの余分なところを切る。

6プラグ挿入

プラグをゴムチューブの反対側の端に差しこむ。

7仕上げ

プラグを挿入した端のゴムチューブと編組ケーブルスリーブをまとめて、結束バンドでしっかり締め上げる。結束バンドの余分なところを切る。

8テスト

作った人工筋肉の継手にエアチューブをつなげ、注射器で空気を入れて動作を確認する。

関連レシピ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

twenty − 12 =